出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

坐-jbw.png(日本で一般的とされる筆順)
坐-jbw2.png[1]
坐-bw.png(中国と韓国で指導してる筆順。日本でもこの筆順で書かれることが多い)[2]

字源[編集]

関連字[編集]

」を音符とする形声文字 (諧声域=*TSOJ)
精母 清母 從母 心母
一等 平声 戈韻 𩛠 𧨀
上声 果韻 𡎬 𡋲
去声 過韻
(隊韻:
入声 末韻
莊母 初母 崇母 生母
二等 平声 麻韻 - (山韻:𡎻 -
上声 馬韻 -
去声 禡韻 - - -
入声 鎋韻 - -
精母 清母 從母 心母
三等A 平声 支韻 - -
上声 紙韻 -
去声 寘韻 - - -
入声 薛韻
莊母 初母 崇母 生母
三等B 平声 支韻 - (仙韻:𡎻
上声 紙韻 - - -
去声 寘韻 - - - -
入声 薛韻 - -

意義[編集]

日本語[編集]

発音(?)[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

zuò

  1. すわ
  2. (座席のある乗り物に)
    • 関連語:/
    • 飞机去北京
      飛行機で北京へ行く。
  3. (建物)位置する
  4. (建物)かたむ
  5. (鍋・釜など)にかける
  6. (鉄砲が反動で)かえ
  7. がなる

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]

脚注[編集]

  1. 『大きな活字の楷行草筆順・字体字典』江守賢治 三省堂 1983年
  2. 『小学学習漢字の正しい書き方』p.94(「座」の坐の筆順) 旺文社 1978年4月、『漢字指導の手びき』第四版 p.86 久米公 編著 教育出版 2000年(「座」の坐の筆順) など