塞翁が馬

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

成句[編集]

(サイオウがウマ)

  1. 一時の幸・不幸は、それを原因として、すぐに逆の立場に変わりうるのであって、軽率一喜一憂すべきではないということ。「人間万事塞翁が馬」、「万事塞翁が馬」とも。

由来[編集]

劉安淮南子・人閒訓』の以下の文より。

(白文)
近塞上之人有善術者、馬無故亡而入。人皆之。其父曰「此何遽不為福乎」居數月、其馬將胡駿馬而歸。人皆之。其父曰「此何遽不能為禍乎」家富良馬、其子好騎、墮而折其。人皆吊之。其父曰「此何遽不為福乎」居一年、胡人大入塞、丁壯者引弦而戰、近塞之人、死者十九、此獨以之故、父子相保。故福之為禍、禍之為福、化不可極、深不可測也。
(抄訳)
国境の砦の近くに馬の調教に長ける老人(塞翁)がいた、飼っている馬が胡人(国境外の異民族)の土地に逃げ、近所の人々は同情したが、塞翁は「どうしてこれが良いことにならないだろうか」と言った。数ヶ月してその馬が、胡人の駿馬を連れて帰ってきた。近所の人々は祝福したが、塞翁は「どうしてこれが不運にならないだろうか」と言った。息子がその馬に乗り足の骨を折る大怪我をした。近所の人々は同情したが、塞翁は「どうしてこれが良いことにならないだろうか」と言った。一年して胡人が国境を越えて攻め入ってきた。国境の働き盛りのものは戦争に駆り出され、十人のうち9人の者が戦死した。塞翁の子は戦争に駆り出されず命を永らえた。

類義句[編集]

翻訳[編集]