出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。真ん中が膨れた糸巻きの形。(ニン:腹が膨れる様)等と同系。

意義[編集]

  1. ふくれる
  2. みずのえ十干の9番目。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. みずのえ。十干の9番目。

熟語[編集]

手書きの字形について[編集]

  • 第1画は右から左下に払うように書いても、左から右に水平に書いてもよい。[1][2]
  • 第2画と第4画のそれぞれの長さについて、第4画を第2画より極端に長く書くようなことをしない限りにおいて、その長短は問わない。[3][2]

関連語[編集]

十干

文字 五行
コウ きのえ
オツ きのと
ヘイ ひのえ
テイ ひのと
つちのえ
つちのと
コウ かのえ
シン かのと
ジン みずのえ
みずのと

中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

脚注[編集]