売春

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

賣春 および 卖春 も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

(ばいしゅん)

  1. 金銭等を対価として、配偶者恋人以外の特定または不特定相手性交渉を持つこと。
    • 一度、私が桂子を棄てた以上、その間に、彼女が売春をしたことがあっても仕方がない。(田中英光「野狐」)〔1949年〕[1]
    • 犯罪、略奪、売春、は飢饉でよく知られた徴候であった。(ヘンリー・E.シゲリスト「文明と病気」)〔水上茂樹訳2019年〕[2]

類義語[編集]

対義語[編集]

合成語[編集]

参考[編集]

日本の売春防止法における定義

  • 対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交すること(売春防止法第2条)

翻訳[編集]

動詞[編集]

する(ばいしゅん する)

  1. (自動詞)金銭等を対価として、配偶者恋人以外の特定または不特定相手性交渉を持つ。

活用[編集]

売春-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
売春

する する すれ せよ
しろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 売春しない 未然形 + ない
否定 売春せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
売春される 未然形 + れる
丁寧 売春します 連用形 + ます
過去・完了・状態 売春した 連用形 +
言い切り 売春する 終止形のみ
名詞化 売春すること 連体形 + こと
仮定条件 売春すれば 仮定形 +
命令 売春せよ
売春しろ
命令形のみ

類義語[編集]

翻訳[編集]

[編集]

  1. 青空文庫(2001年2月22日公開、2012年4月28日修正)(底本:「昭和文学全集 第32巻」小学館、1989年8月1日初版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000126/files/1663_21034.html 2019年5月20日参照。
  2. 青空文庫(2019年3月25日作成)(底本:Henry E. Sigerist, "Civilization and Disease." (1943))https://www.aozora.gr.jp/cards/001492/files/51195_67538.html 2019年5月20日参照。