天上天下唯我独尊

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

天上天下唯我独尊:てんじょうてんげゆいがどくそん)

  1. 世界中において、人間のみが解脱することができるので尊いの意。釈迦が生まれたとき、一方の手は下(天下界)もう一方の手は上(天上界)を指し、7歩歩いて辺りを顧みてから言ったとされる語。
  2. (語義1より転じて、但し誤用)この世には、自分より尊いものはいないと自惚れる様。ワンマン乃公出でずんば。「唯我独尊」のみで用いることが多い。

出典[編集]

三蔵法師として知られる唐僧玄奘が著した『大唐西域記』中の誕生偈と呼ばれる偈文の一節。

翻訳[編集]

  • 中国語:  (繁): 上天下地唯我獨尊/ (簡): 上天下地唯我独尊