巨人の肩に立つ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

成句[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア 巨人の肩の上 の記事があります。

巨人きょじんかた

  1. 先人の偉業にもとづいて仕事をすること。またそうすることにより、先人よりも能力が劣る人でも立派な業績をあげられるということ。
    • 川田博士に対しては真に申悪き言状なれども巨人の肩に立た侏儒も長を巨人争ふべし。(山路愛山「日本現代の史学及び史家」(4)、『太陽』第15巻第12号、明治42年9月1日、『山路愛山集 (2)』 377ページ収録)
    • 實に日本人は巨人の肩に立つ一寸法師のやうな立場でもなく又た他人の築いた基礎の下に臺灣隆盛を築き上げたのでもない。唯頼みとしたのは臺灣の豊裕なる自然財源だけで、之れも支那領有當時屡々開發せんとしたことがあつたけれど數世紀間は殆んど未開發の狀態であった。(『臺灣時報』1925年6月号48ページ「ラッター氏の『臺灣を素通りして』 其の一節 成功せる日本の臺灣統治」越村生・訳)〔1925年〕

語源[編集]

偉大な先人を巨人にたとえ学問の成果がつみかさねられていく様子を示したヨーロッパの成句から。ソールズベリのジョン(John of Salisbury)が1159年の著書『メタロギコン』で、シャルトルのベルナールの言葉として引用したラテン語での用例が文献上の初出・起源とされる。

類義語[編集]

翻訳[編集]