出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 形声』。工(降ろす)の転音が音を表し「くだす」を意味する。人人はの略字で、巫女が声を上げて神を呼ぶ招魂ことで巫祝の意。また巫女が舞う時の両袖からの象形という説もある。
巫-oracle.svg 巫-bronze.svg

巫-silk.svg 巫-slip.svg 巫-ancient.svg

巫-seal.svg

巫-bigseal.svg
甲骨文字 金文

簡帛文字 簡牘文字 古文

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. みこ。かんなぎ。舞楽を催し神降ろしを行って祈祷をする女。
  2. 医者
  3. 巫山(山の名前)。


日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

運用[編集]

2015年1月7日
  • 人名用漢字に追加される。[1]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]

脚注[編集]

  1. 戸籍法施行規則 附則(平成二七年一月七日法務省令第二号)