出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字

[編集]

字源

[編集]
  • 」の略体(「」については当該項目を参照。)。遅くとも19世紀末に、日本で生まれた字体であり、日本語において同音となる「」「」などの類推で作られた字と考えられる。[字源 1]
  1. 山下真理 「「広」の字体について――略字体の出現時期とその要因」 『漢字文化研究』第1集 2011年、25-87頁。
    Roar Bökset, Long Story of Short Forms, Kungl. Vitterhetsakademien, 2021, pp. 123-125。

意義

[編集]
  1. ひろいひろさひろがるひろげる

日本語

[編集]

発音

[編集]

熟語

[編集]

中国語

[編集]

朝鮮語

[編集]

コード等

[編集]

点字

[編集]