出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

意義[編集]

  1. かんむり
    • 武弁

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. [辯](ベン) 話。ことば挨拶
    • 就任の弁
  2. [辯](ベン) 話を述べる能力
    • 弁の立つ人
  3. [瓣](ベン) 花びら。
  4. [瓣](ベン) 管を流れる気体・液体の流れを制御する装置バルブ
  5. [瓣](ベン) 生物の器官にある流路をさえぎる膜。

造語成分[編集]

  1. [弁](かんむり)。
  2. [辨/辧]正しいか正しくないかを分ける。わきまえる。
  3. [辯]述べる。
  4. [瓣]花びら。
  5. [瓣]管を流れる気体・液体の流れを制御する装置。バルブ
  6. [辮]髪形の一つ。
  7. [辦]処理する。
  8. 弁当の略

問題点[編集]

  1. 新字体の導入によって本来互いに異なるものだった字種が融合され、字義に沿った字の使い分けが全くできなくなるため、語意を不明瞭にする事態を引き起こしたとの見方もある。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

(bàn;辦)も参照。


朝鮮語[編集]

*

コード等[編集]

  • Unicode
    • 16進: 5F01 弁
    • 10進: 24321 弁
  • JIS X 0208(-1978,1983,1990)
  • 四角号碼 : 23440
  • 倉頡入力法 : 戈廿 (IT), X戈廿 (XIT)
  • 康熙字典: 0353.110
  • 諸橋大漢和(日本): 09588
  • 大字源(韓国): 0668.110
  • 漢語大字典(中国): 10514.070