出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

意義[編集]

日本人名に用いられる。「」の異体字としての用例か。

JIS X 0208収録文字であり、第四次規格(1997)の調査によれば、1973年時点での日本生命収容人名漢字を典拠として採用されている[1]。調査時点で原典が存在せず用例が確認できないが、NTTの電話帳データベースには「恷志(やすし・よしゆき)」「恷三(きゅうぞう)」などの用例がある[2]

コード等[編集]

脚注[編集]

  1. JIS X 0208:1997 『7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化漢字集合』 日本規格協会、1997年、p.292。
  2. 笹原宏之 『国字の位相と展開』 三省堂、2007年