悟性

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

  1. (ごせい)〔哲学用語〕対象直観的に把握理解する能力のこと。感性理性の中間に位置し、論理的思考の出発点となる認識をもたらす。(学者により、さまざまに定義されて使われる。)
  2. (ごしょう)禅宗で、人に備わっているさとり(悟り)得る素質のこと。
    • 『悟性論』:達磨大師の著作とされる書物。
  3. (ごせい)知性のこと。

発音[編集]

ゴ↘セー
ゴ↘ショー

語源[編集]

英語 understanding、ドイツ語 Verstand に対する訳語として、幕末から明治にかけての哲学者、西 周にしあまねが用いた。

関連語[編集]

[語義1]

[語義2]

翻訳[編集]