悪事千里

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

(あくじせんり)

  1. 悪い行いや悪い評判はどんなに隠しても直ぐに世間に知れ渡ってしまうものだということ。
  2. 悪事千里を走る又は悪事千里を行くの略語。千里は遠い彼方、ということから広い世間の意。

翻訳[編集]

由来[編集]

『北夢瑣言』

【原文】
好事不出門、悪事行千里。

関連語[編集]