悪銭身につかず

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

ことわざ[編集]

につかず(アクセンミにつかず)

  1. 悪いことや賭け事などで儲けたお金は、どんどん使ってしまって結局貯めることができないということ。あぶく銭
    • 堅気庶民乱世荒波にもみまくられて、体裁ととのわず、投機的になり、その日ぐらしのヤケな気持になっているとき、裏街道で悪銭のもうかる愚連隊の中のちょッと頭のきく連中が、悪銭身につかずという古来モラルをくつがえして、せッせと貯金し、家屋敷をかまえ、身に礼服をまとい、ヤブレカブレの堅気連中に道義仁義もないのを嘆いているかも知れないのである。ヨタモノもモラルをくつがえす。(坂口安吾 『街はふるさと』)

翻訳[編集]