手を切る

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

慣用句[編集]

  1. (人と人との)関係終わりにする。縁を絶つ
    普通なら、嫉妬の余り、お前の顔を見るのもいやだと、それきり手を切ってしまうところを、そうしなかったのも、ひとつには、そんな気持見すかされるのを怖れたからなのだ。(織田作之助『勧善懲悪』)