出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。両手を合わせる様。元は、「𢫶(上部は両手で、下部は「下」)」


古体「𢱭」は、「手」+「𠦪(『説文解字』においては音「コツ(忽)」)」。

  • 会意。「𠦪」は「整った捧げ物」(藤堂)、「花束」(白川)、それらを両手に持ってささげる様。
  • 会意形声。「𠦪」は「ヒ(比)・ヘイ(並)」の音を有する「腹を割いて晒した生贄」(山田)。

意義[編集]

  1. 丁寧お辞儀
  2. おがむ
  1. ありがたくいただく
  2. 地位官位を受ける。
  3. (日本)かしこまって〜する(謙譲表現)。

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

  1. ハイ)頭を下げてをすること。おがむこと。
  2. ハイ)手紙文の末尾で、自分の名の下に書いて相手への敬意を表す語。

動詞[編集]

  1. ハイ)おがむ。
  2. ハイ拝見する。お見受けする。
  3. ハイ拝命する。拝受する。

活用

サ行変格活用
拝-する

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]