指鹿為馬

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

成句[編集]

 鹿  (しろくいば 訓読:しかをさしてうまとなす)

  1. 道理に合わないことを、権力を背景に無理に言いくるめる。

出典[編集]

司馬遷史記・秦始皇本紀』

  • 趙高欲為亂、恐群臣不聽、乃先設驗。持鹿獻於二世、曰「馬也。」二世笑曰、「丞相誤邪。謂鹿為馬。」問左右。左右或默、或言馬以阿順趙高、或言鹿。高因陰中諸言鹿者以法。後群臣皆畏高。
    宦官趙高が、政治を簒奪しようと企んだが、群臣が従わないのに用心して、まず試してみることとした。二世皇帝胡亥に鹿を献上して「馬です」と言った。皇帝は笑って「丞相よ、間違っているよ。鹿を馬と言っている」と言った。そしてそこにいた家臣たちに聞いた。家臣らは、おし黙る者あり、中には趙高におもねって馬という者もいたが、鹿と言ったものもいた。趙高は鹿と言った者を法に引っ掛けてひそかに陥れた。その後、群臣は趙高を恐れしたがった。

対義句[編集]

参考[編集]

  • 馬鹿」の語源と言われるが、少なくとも漢語においては「鹿」を「か」とは読まず語源俗解の類と考えられる。

中国語[編集]

成句[編集]

 鹿  zhǐlùwéimǎ 簡体字:指鹿为马、繁体字:指鹿爲馬)

  1. 道理に合わないことを、権力を背景に無理に言いくるめる。