出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声』。「」+音符「」。「安」は、「宀(やね)+女」で、女性を家の中に落ち着かせ安定させたさまで、手で押さえつけるの意。それから、抽象的に物事や事象を押さえる、「調べる」「考える」の意が派生した。

意義[編集]

  1. おさえる
    按摩(「摩」は「さする」、患部を押さえたりさすったりすること)
  2. 個々に押さえて数える。
    按分
  3. しらべる

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

àn

  1. (手・指で)
  2. おさえる

介詞[編集]

àn

  1. ~によって

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]