支離滅裂

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞・形容動詞[編集]

(しりめつれつ)

  1. 物事に一貫性がなく、ばらばらであるさま。
    • 手紙は五つの封筒に七つばかり、二つかためて一つ封筒に入れたのもあった。殆ど支離滅裂な語句の連続ではあるけれど、それでも京子の悲哀や美感や、リリシズムが何処か一貫して受け取れるようで、不思議な実感と魅力に触れる。(岡本かの子春――二つの連作――』1936年)

活用[編集]

支離滅裂-だ 形容動詞活用表日本語の活用
ダ活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
支離滅裂 だろ だっ

なら (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 支離滅裂だろう 未然形 +
過去・完了 支離滅裂だった 連用形 +
否定形 支離滅裂でない 連用形 + ない
自動詞化 支離滅裂になる 連用形 + なる
言い切り 支離滅裂だ 終止形のみ
名詞化 支離滅裂なこと 連体形 + こと
仮定条件 支離滅裂ならば 仮定形 +
様態 支離滅裂そうだ 語幹 + そうだ

発音[編集]

し↘り・め↗つれつ
し↘りめつれつ

語誌[編集]

  • 支離支离)」は「細かく分かれて散り散りになること」、「滅裂灭裂)」は「散り散りに形を失うこと」であり、ともに古くからある漢語であるが、中国において「支離滅裂」と並べた成句は一般的ではない。

類義語[編集]

翻訳[編集]


朝鮮語[編集]

成句[編集]

지리멸렬

  1. (日本語に同じ)