出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声文字。「:動詞を表す)」+「」(キョウ:現在、「コウ」と読む「」とは同形別字)。苟は、「;羊の角)」+人+口の会意文字で、角にふれかしこまる様子を表す(藤堂)。又、「羊の角+人」で、中原の西部に住んでいた、人を表し、「口(神器)」の上に置いて、羌人の犠牲を捧げ、神をうやまうことを意味するとも(白川)。はっとしてかしこまるの意は「」「」に含まれる。
敬-bronze.svg

敬-silk.svg

敬-seal.svg

敬-bigseal.svg
金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. うやまう

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

jìng

  1. うやま
  2. げる

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]