春一番

From Wiktionary
Jump to navigation Jump to search

日本語[edit]

名詞[edit]

はるいちばん

  1. 立春を過ぎて初めて吹く、強くて暖かい南風。春がやってきたこと示す。気象庁の定義では、立春から春分までの間に日本海低気圧発達し、初めてよりの風速8m/sのが吹き、気温上がる現象を春一番と認定している

関連語[edit]