朝三暮四

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

(ちょうさんぼし)

  1. 本質は変わらないのに、口先でうまくだます、又は、だまされることその愚かさのたとえ。
    • 君の言う土佐案なるものは、去らずして去った身ぶりをする、つまり、こちらにいたものがあちらに変り、あちらにいた奴がこっちへ来る、座を去るのではない、座を置き換えるのだ、前の人は前のところにいないけれども、同じ座敷の他のいずれかの畳に坐っていることは同じだ、単に人目をくらますために、人を置き換えただけで、それが畳を換えてくれと要求する朝三暮四のお笑い草に過ぎない(中里介山大菩薩峠 山科の巻』)

出典[編集]

  • 列子』の以下の故事による。
    (白文)「宋有狙公者,愛狙,養之成群,能解狙之意;狙亦得公之心。損其家口,充狙之欲。俄而匱焉,將限其食。恐眾狙之不馴于己也,先誑之曰『與若芧,朝三而暮四,足乎』、眾狙皆起而怒。俄而曰『與若芧,朝四而暮三,足乎』眾狙皆伏而喜。」
    (現代語訳)中国、春秋時代、宋の国に狙公と呼ばれる人がいて、猿をかわいがっており、また、猿もそれに応えた。狙公がお金なくなってしまい猿達に与える餌を減らすことにした。それを猿達に『今日から朝の餌を減らす』と説いたところ猿達は激怒し狙公は『ならば夜から餌を減らす』と言ったところ猿達は皆ひれ伏して喜んだ。

参照[編集]


中国語[編集]

成句[編集]

(zhāosānmùsì)

  1. あてにならないこと。しっかりしておらず、いい加減なこと。
    • 朝夕くれるトチの実の数がくるくる変わることから、考えがくるくるかわって定まらないたとえに用いられる。