根本分裂

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

根本 分裂(こんぽんぶんれつ)

  1. 仏教歴史に関する語で、釈迦の死から100ないし200年後くらい(紀元前3世紀ごろ)に、教義戒律についての解釈の違いを巡って、古代インドの仏教教団上座部大衆だいしゅ部に分裂したこと。最初の大分裂なので根本分裂と呼ぶ。

発音[編集]

コ↗ンポンブ↘ンレツ

関連語[編集]