出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。

意義[編集]

  1. w:トチノキ
  2. さま状況状態

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. さま、古典的用法:ヨウありさま様子
  2. ざまひどい又は非難されるべきありさま。

形容動詞[編集]

  1. ヨウ、文節「~の」を受けて)まるで~にみえる、あたかも、~に例えられる。

接尾辞[編集]

  1. (ヨウ)~様式の、~の。
    剣は普通の剣ぼこで、其と四神の違つてゐる点は、旗竿の頭の黒塗りの折敷のものに四神の像を据ゑてゐる点で、下にはいづれも錦の幢を垂れてゐる。(折口信夫 『髯籠の話』)
  2. さま)敬称。人名等に後置し敬意を示す。
    鈴木様、お客様、参加者様、皆様
  3. さま)「お~」「ご~」の形の状態態様を表す名詞につき、丁寧語(場合によっては慇懃無礼皮肉に用いる)を作る。
    おつかれおあいにく様ご愁傷様

熟語[編集]

コード等[編集]