模様

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

模样 および 模樣 も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

も よう

  1. 飾りする平面組み合わせ
  2. ありさま現況
    • 現場模様中継する
    • 三代将軍家光公がある時、吹上の御庭をあるいている時に、御庭番の水野なにがしというのを呼んで、これからすぐに薩摩へ下(くだ)って、鹿児島の城中の模様を隠密に見とどけてまいれと、将軍自身に仰せ付けられたので、(岡本綺堂『半七捕物帳』「旅絵師」)
  3. そうなりそうな様子。
    • 雨天でも文化祭開催される模様
    • けれども、なかなか天気になる模様がないばかりでなく、ちよつとした風邪の心地でゐた子供が、だんだん苦しみだしてきました。(豊島与志雄『シャボン玉』1926年)
  4. 天気、天候。
    どうしたことか、その日は、にわかな荒模様、雨や雪ではなくつて、つむぢ風の大騒ぎだつた。(牧野信一「春」『モダン日本』第六巻第四号(四月特別号)1935年)
    此夜幸に雨なかりしが空模様いよ/\穏ならず、風また腥し。(永井荷風『断腸亭日乗』巻之三、大正八年)

類義語[編集]

語義1: 〈形や色の組み合わせ〉

語義2: 〈様子〉

コロケーション[編集]

語義1: 〈形や色の組み合わせ〉

語義2: 〈現況〉

複合語[編集]

語義1: 〈形や色の組み合わせ〉

語義2: 〈現況〉

語義3: 〈見込み〉

語義4: 〈天候〉

翻訳[編集]

語義1: 〈形や色の組み合わせ〉

語義2:

関連語[編集]