出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

歸-oracle.svg 歸-bronze.svg

歸-silk.svg

歸-seal.svg

歸-bigseal.svg
甲骨文字 金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、111頁。
    林志強等評注 『《文源》評注』 中国社会科学出版社、2017年、415頁。
  2. 張世超、孫凌安、金国泰、馬如森 『金文形義通解』 中文出版社、1996年、247-249頁。
    黄徳寛主編 『古文字譜系疏証』 商務印書館、2007年、2973-2974頁。
  3. 裘錫圭 「殷墟甲骨文“彗”字補説」 『華学』第2輯 中山大学出版社、1996年。

意義[編集]

  1. かえるもどる
  2. 行き着く所。終わり終点
  3. したがう。属する。

日本語[編集]

発音(?)[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

  1. まとめる
  2. ~にする

介詞[編集]

  1. ~が~することにする

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。百家姓第471位。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]