毒を食らわば皿まで

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

ことわざ[編集]

どくらわばさらまで(ゆれ:毒食わば皿ねぶれ

  1. どうせ毒を食ったのならば、皿まで舐ってしまうように、思い切って禁忌を破ったのであれば、もはや良識などは気にせず、徹底的してやるべきであるの意。
    • どくくはゞさらねぶれ (毛吹草)
    • する事為す事鶍の嘴毒食はゞ皿舐れだ。返り打なるぞ念仏申せと。さも憎げに罵りて打つてかゝる。(敵討両輌車)
    • ハテ毒食はゞ皿ねぶれと諦めてする奉公。(苅萱桑門筑紫轢)
    • 食毒当舐皿。殺人当見血。読書無自得。元不如無術。 (食毒詩幅)
    • 世の諺を引くにあらねど、毒を喰はゞ皿を舐れ人を殺さば血を見るべしといふ事あるをいかにぞや、宝の山に入りながら手を空しくして帰ることかは。(八犬伝)
    • これが真事に毒くはゞ皿をねぶれの譬の通り、あいつを生ては置かれぬ。(彩入御伽草)
    • 彼はその晩博奕に負けてぼんやり帰ってくると、雪まじりの雨のなかに一人の男が倒れているのを見つけたので、初めは介抱してやるつもりで立ち寄ったが、かれの胴巻の重そうなのを知って、長作は急に気が変った。まず胴巻だけを奪い取って行きかけたが、毒食らわば皿までという料簡になって、彼は更に忠三郎が大事そうに抱えている風呂敷包みを奪った。(岡本綺堂『半七捕物帳 化け銀杏』)

同義句[編集]

翻訳[編集]