洛陽の紙価貴し

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

異表記・別形[編集]

  • 洛陽の紙価を高める
  • 洛陽の紙価を高らしむ

成句[編集]

洛陽らくよう紙価しかたか

  1. 著書売れ行き良いさま[1]左思さしの著した「三都賦さんとのふ」が好評を博し、これを書き写す者が多く現れたため、首都洛陽では当時貴重であったの価格が高騰したという故事から。「洛陽の紙価を高める」「洛陽の紙価を高からしむ」などともいう。
    • 今まで法律家の金科玉条と仰がれたブラックストーンの学説を縦横無尽駁撃し、万世不易の真理とまで信ぜられていた自然法主義および天賦人権説に対って反対の第一矢を放ったる耳新しき実利主義と、この卓抜なる思想にふさわしい流麗雄渾なる行文とは、にして世人の視線を聚め、未だ読まざるものはもって恥となし、一度読みたるものは嘖々その美を嘆賞し、洛陽の紙価これがために貴しという盛況を呈した。(穂積陳重 『法窓夜話』)
    • この序文の通褒でないことはあなた方もこの鑑賞をすすめていくとともに、容易に肯いて貰えるだろうが、それにしても春のやおぼろが『書生気質』一篇に洛陽の紙価を高らしめたは翌明治十八年であるが、年譜に拠ると『春風情話(ランマムープの新婦)』『該撒奇談』『リエンジー』『春窓綺話(レデー・オブ・ザ・レーキ)』『自由太刀余波鋭鋒』などすでに上梓しているし、文学士の称号もまたその二年前、授けられている。(正岡容 『我が圓朝研究』)

出典[編集]

晋書巻92・列伝第62・文苑伝

【白文】
司空張華見而嘆曰、「班・張之流也。使讀之者盡而有餘、久而更新」。於是豪貴之家、競相傳冩、洛陽爲之紙貴
【訓読文】
司空張華て嘆じていはく、「なり。これ読むをして尽くして余り有り久しくして更に新たならしむ」と。是に於て豪貴競ひあひ伝写し、洛陽たか
【現代語訳】
司空(宰相)の張華ちょうかは、(「三都賦」を)見ると感嘆して言った、「これは班固張衡の著作にも並ぶ名文だ。読者に言外の余情を与え、後日読み返すたびに新たな思いを抱かせる」。こういう訳で、(評判を聞いた)富や地位を持つ人々が争ってこれを筆写した。洛陽では、このために紙の価格が吊り上がった

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第4巻、1919年12月18日、紙面1406ページ、デジタル626ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954648/626