活用

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(かつよう)

  1. 人や物が持つ能力機能を十分に活かし用いること。
  2. (文法) 動詞が文中において、時制人称等や接辞に応じて語形を変化させること。また、その変化の仕方。

発音[編集]

か↗つよー
  • IPA: [katsɯ́(_̊)jóː]
  • X-SAMPA:/katsM_H(_0)jo_H:/

関連語[編集]

語義1

語義2

翻訳[編集]

語義1

語義2

動詞[編集]

活用

サ行変格活用
活用-する

発音[編集]

か↗つよーする
  • IPA: [katsɯ́(_̊)jóː.sɯ́(_̊)ɺ̠ɯ́]
  • X-SAMPA:/katsM_H(_0)jo_H:.sM_H(_0)l_a_-M_H/

翻訳[編集]

語義1


中国語[編集]

発音[編集]

  • ピンイン: huóyòng
  • 注音符号: ㄏㄨㄛˊ ㄩㄥˋ
  • 広東語
    • イェール式: wut6yung6
    • 粤拼: wut6jung6

動詞[編集]

  1. 活用する。

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

활용

  1. (日本語に同じ)活用。