火炎

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

別表記[編集]

名詞[編集]

(かえん、歴史的仮名遣い:くゎえん、「火焰」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. ほのお

発音[編集]

か↗えん

表記[編集]

  • 同音の漢字による書きかえ」(1956年)には、「火焔」の書きかえとして「火炎」が掲げられている。ただし、それ以前からどちらの表記も用いられており、例えば、大日本国語辞典には「火焰」と「火炎」の両方の表記が掲げられている[1]

関連語[編集]

脚注[編集]

  1. 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第2巻、1916年10月23日、紙面166ページ、デジタル86ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954646/86