無学

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞・形容動詞[編集]

むがく

  1. 学問を修めていないこと。
    • 妻は、まえにも仮定して置いたように、いやしい育ちの女であるから、まず無学だと推測できる。男は、その妻の無学につけこみ、さまざまの不貞を働いていると見てよい。(太宰治 『猿面冠者』)
  2. (仏教)もはや学ぶ必要がない域に達していること。1とは正反対の意味である。cf.無学祖元

対義語[編集]