「味」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(→‎{{jpn}}: の接尾辞に関する説明を少し参考にした)
#[[飲食物]]や[[薬物]]などの種類をかぞえる[[助数詞]]
#:吉平は、慶童子の捧げている薬籠を取って、八'''味'''の神薬を調合せ、「これを朝暮にさしあげてください。かならず十日のうちにお元気になりましょう」と、いって、その日は帰った。([[w:吉川英治|吉川英治]]「三国志」)<ref>出典:青空文庫(2013年7月11日)http://www.aozora.gr.jp/cards/001562/files/52413_51064.html 参照2017年12月31日。底本:「三国志(三)」吉川英治歴史時代文庫、講談社、1989年4月11日第1刷発行、2008年9月16日第50刷発行</ref>
 
==脚注==
<references/>
 
=={{zho}}==
* [[倉頡入力法]] : 口十木 (RJD)
 
==脚注==
[[chr:味]]
<references/>
[[en:味]]
[[fi:味]]
[[fr:味]]
[[hi:味]]
[[hu:味]]
[[it:味]]
[[ko:味]]
[[lo:味]]
[[mg:味]]
[[ms:味]]
[[no:味]]
[[pl:味]]
[[pt:味]]
[[th:味]]
[[vi:味]]
[[zh:味]]
[[zh-min-nan:味]]

案内メニュー