「ゆたか」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
用例さしかえ
(用例さしかえ)
#[[必要]]なものが[[十分]]に[[みたす|満た]]され、[[ゆとり]]があるさま。
#[[精神的]]に[[余裕]]があり[[おちつく|落ち着いて]]いるさま。
#:私はほど好く酔の廻つてゐる眼で、馬上'''ゆたかに'''この壮麗な原野を見渡すと、凱旋将軍の天に冲するばかりな意気に炎えて、行列の歓呼と共にあらん限りの声を挙げた。(牧野信一「山を降る一隊」『週刊朝日』第十七巻第一号、1930年)
#:馬上ゆたかな美少年。
#[[量感]]のあるさま。
#[[基準]]・[[限度]]を[[こえる|超えて]]いるさま。
2,747

回編集

案内メニュー