「奴」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
* [[会意文字|会意]]。「[[女]]」+「[[又]](=手)」。女を手でとらえ奴隷としたものとも、手作業をする奴隷とも。
{{字源}}
 
====派生字====
「奴隷の・囚われの」、奴隷仕事のように「力を入れる」「力を込める」、「劣った」の意義を持つ派生字。
 
===意義===
#[[めしつかい]][[しもべ]]。
#:類義字:'''[[僕]]、[[婢]]'''
#卑しい者。
 
[[Category:漢字|と ど]]
[[Category:常用漢字|と ど]]
'''[[やっこ]]'''
#({{おくりがな3|家|や|つ|子|こ||やつこ}}の転)[[家来]]、{{おくりがな3|家|いえ|の|子|こ||いえのこ}}。
#江戸期徳川時代における[[武家]]の[[下僕]]、[[中間]]。
#江戸期徳川時代の[[侠客]]。
#*[[はたもとやっこ|旗本奴]]、[[まちやっこ|街奴]]
 
==={{pronoun}}===
[[Category:{{ja}} {{pronoun}}|やつ]]
'''[[やつ]]'''
#三人称、特に男性に対する卑称。
 
==={{prov}}===
*[[奴隷]]
** '''[[広東語]]'''
*** '''[[イェール式]]''': nou4
 
==={{prov}}===
*[[奴性]]
 
=={{ko}}==
匿名利用者

案内メニュー