狂言

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

きょうげん

  1. (日本語、名詞)6と並行して発達してきた、日本の伝統演劇。作品は現実的・世俗的かつ、しばしば風刺的な内容で、一場物(物語上、地理的な移動を含む場合もある)。ごく少数の作品のみで仮面着ぐるみを用いる。室町時代に成立。能狂言(主として 3と区別するために用いる呼称)。
    • 狂言方(狂言師)の仕事は、能の「」で三番叟さんばそう三番三と書くこともある)を務める(舞う)こと、ほとんどすべての能の作品で間狂言あいきょうげんと呼ばれる語りの役を務めること、それに、独立した狂言作品(本狂言)を上演することである。一般的に狂言と言うとき、この三番目の独自の演劇を指すことが多く、本項目の意味もそれを指す。能の公演の番組立の中で上演するのが本来だが、能ほどには舞台構造に依存しないので、能楽堂以外の場所で狂言作品のみの公演を行なうこともある。
  2. での行事として上演される民俗芸能的な演劇。念仏狂言、大念仏狂言、固有名詞を冠して「壬生みぶ狂言」、「千本ゑんま堂狂言」、「嵯峨大念仏狂言」などと呼ばれる。
  3. 芝居のこと。歌舞伎のこと。例:曽我狂言。
  4. 3の意味から、嘘である作り事、作り話。主として、人をだまして利益を得るために行なう。例:狂言強盗。

発音[編集]

キョ↗ーケ°↘ン

関連語[編集]