甘味

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(かんみ)

  1. 甘い味、またはその程度。甘い食品。
  2. 旨い味。旨い食品。
    • とにかく、この怪物を食べてくれようと心をかため、忽ち十字架にかけられて天国へ急いだ人がある筈だが、そのとき、子孫を枕頭に集めて、爾来この怪物を食つてはならぬと遺言した太郎兵衛もあるかも知れぬが、おい、俺は今こゝにかうして死ぬけれども、この肉の甘味だけは子々孫々忘れてはならぬ。(坂口安吾ラムネ氏のこと』)
  3. 物事の面白さ。芸術作品における深い味わい。
    • 無限の情趣毎句の間に存して、誦読の際自から甘味の湧出する思あらしむ。(田口卯吉『日本開化小史』4・8、1877-82)
    • 云難き甘味を含む誘惑の音楽(永井荷風『あめりか物語』)
  4. 喜色。あいまいな表情。
    • 「旅行? そんな楽しみぢやないんですがね――」といつた小母さんは楽しみらしく、声色に意味あり気な甘味を含ませた。(牧野信一』)
  5. あまみ 参照

発音[編集]

  • カ↘ンミ
IPA
IPA: [kã̠mmi]

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1

語義2

語義3


中国語[編集]

名詞[編集]

 (ピンイン:gān wèi 注音符号:ㄍㄢ ㄨㄟˋ 閩南語:kam-bī)

  1. (文章語)おいしい食べ物ご馳走
  2. (文章語)おいしく感じること。
  3. (文章語)甘さ

類義語[編集]

語義3


朝鮮語[編集]

名詞[編集]

감미

  1. あまみ。甘味。