出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

  • 筆順 :
はつがしらの筆順は複数通りあるため該当ページを参照されたし。

字源

[編集]
  • 」の行書に由来する略体。「發」については發#字源の項目を参照。

意義

[編集]
  1. (ある位置から急に遠ざかる)はなつ
  2. (ある位置から動作の主体が)たつ
    • 出発、東京大阪行き
  3. (自動詞) うまれるおこる
  4. (他動詞) うむおこす
  5. (内から外に)ひろがるひらく

代替字

[編集]

日本語

[編集]

発音

[編集]

派生語

[編集]

接尾辞

[編集]

(はつ)

  1. ハツパツ銃弾等を数える助数詞
    用法:いっぱつ、にはつ、さんぱつ、よんはつ/よんぱつ、ごはつ、ろっぱつ、ななはつ、はっぱつ、きゅうはつ、じゅっぱつ/じっぱつ
  2. ハツ)そこから出発すること。
  3. ハツ発信すること。
  4. ハツ発祥創出
    • 日本発の情報技術

熟語

[編集]

中国語

[編集]

又は参照

朝鮮語

[編集]

参照

コード等

[編集]