眼界

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

  1. (がんかい)ものが見える範囲。
    • しかし、妻の視線は、幸にも私の視線と合しました。そうして、それとほとんど同時に、第二の私は丁度硝子亀裂の入るような早さで、見る間に私の眼界から消え去ってしまいました。(芥川龍之介 『二つの手紙』)
  2. (げんかい) (仏教) 視覚機能視覚器官六根のひとつである眼根げんこん、もしくは十二処のひとつである眼処げんしょの、十八界における呼び方(ウィキペディア「三科」も参照)。