瞑想

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア瞑想 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

(めいそう)

(冥想とも書く。)
  1. 眼を閉じてゆっくりと考えること。
  2. 仏教ヨーガ、およびそのほかの古代インド由来の宗教知恵生活知)における、雑念を払い、心身を安定させるぎょうのこと。メディテーション。→(漢字の意義の語源、ほか)。
    何かを考えるのではなく、何も考えないこと(無念無想)をいう場合が多い。また、眼を閉じるという意味を含まない(含む場合もある)。禅にせよ、ヨーガの瞑想にせよ、基本的には眼を半眼に開いたまま行なう。そのような行や健康法の呼称として、ほかに適切な語がないために、拡張的な意味として「瞑想」の語が用いられるようになった。

発音[編集]

メ↗ーソー

関連語[編集]

動詞[編集]

活用

サ行変格活用
瞑想-する