砂糖水

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(さとうみず、さとうすい)

  1. 砂糖溶解させた水溶液
  2. 江戸期から昭和中期頃まで、夏の暑さを紛らすために語義1のものを飲用に供したもの。江戸期は、白玉などを添え、街角で売られた。季語:夏。
    • 砂糖水ただふるまふや江戸の町(小林一茶

類義語[編集]

語義2

派生語[編集]

語義2