籀文

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

 (ちゅうぶん)

  1. 中国古代の書体である篆書の一種。起源は代、太史籀(チュウ) が作ったと伝えられるもの、多くは大篆に一致するが、大篆は古代中国の戦国各国において独自に発展した多くの異体字を含む。

類義語[編集]

関連語[編集]