組成

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

そせい

  1. いくつかの要素成分から一つのものを組み立てること。
    • そしてこの流通論を組成する六章は、純粋経済学の大きな問題の第四である所の流通の問題の解法を示したものである。(レオン・ワルラス、手塚壽郎訳『純粋経済学要論』)〔1933年〕[1]
    • また、大学発ベンチャーに対して、マネジメントチームの組成とこれに携わる人材の育成、マーケティング、資本戦略、知的財産戦略を含む総合的ビジネス戦略の構築など、経営戦略面に十分留意した支援を行う。(文部科学省『平成28年版科学技術白書』)〔2016年〕[2]
  2. (化学)化合物混合物などの成分、およびそれぞれの成分の割合
    • あなたは物理学のほうで空気についての研究もなさっているでしょう。空気の組成についての研究だけでも尽きるところはありますまい。(永井隆『ロザリオの鎖』)〔1948年〕[3]
    • 生成される三重水素(トリチウム)と重水素を組み合せると最適の燃料組成になる。 (文部科学省『昭和50年版 科学技術白書』)〔1975年〕[4]

発音[編集]

そ↗せー

関連語[編集]

動詞[編集]

活用

サ行変格活用
組成-する

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

組成조성

  1. (日本語に同じ)組成

中国語[編集]

発音[編集]

  • ピンイン: zǔchéng
  • 注音符号: ㄗㄨˇ ㄔㄥˊ
  • 広東語: jou2sing4
  • 閩南語: cho·-sêng
  • 客家語: chû-sṳ̀n

動詞[編集]

 ( (簡): 组成 )

  1. 構成する、結成する

脚注[編集]

  1. 青空文庫(2006年10月30日作成)http://www.aozora.gr.jp/cards/001185/files/45210_24671.html 2018年1月27日参照。底本:「純粹經濟學要論 上卷」岩波文庫、岩波書店、1953年11月25日第1刷。
  2. 『平成28年版科学技術白書 』(文部科学省ホームページ) http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa201601/detail/1374445.htm 2018年1月27日参照。
  3. 青空文庫(2012年6月10日作成)http://www.aozora.gr.jp/cards/000924/files/54870_48035.html 2018年1月27日参照。底本:「ロザリオの鎖」中央出版社、1989年2月10日第26刷。
  4. 『昭和50年版 科学技術白書』(文部科学省ホームページ) http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa197501/hpaa197501_2_011.html 2018年1月27日参照。