縁起

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

 えんぎ

  1. (直接的原因)と(間接的原因)とじて、万有生起すること[1]
  2. 事物起源沿革由来[1]
  3. 神社仏閣草創沿革またはその霊験などを言い伝えること。また、その文書[1]
  4. しるしきざし兆候[1]
  5. 縁起直し」の[1]

語源[編集]

発音[編集]

え↗んぎ

関連語[編集]

翻訳[編集]

(語義1)

(語義2)

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第1巻、1915年10月8日、紙面514ページ、デジタル270ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954645/270
  2. 縁起」(『世界大百科事典』、平凡社)。