羊羹

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

発音[編集]

よ↘ーかん

名詞[編集]

ようかん

  1. 小豆を主要な原料とする和菓子の一種。煮た小豆を潰し餡にしたものを、砂糖を加え小麦粉寒天などを用い凝固させたもの。寒天を用い凝固させたものを煉羊羹ねりようかんというが、近年は羊羹といえばこれを指すことが多い。
  2. 羊羹色の略。
  3. 羊羹紙の略。

語源[編集]

  • 元は、羊の羹(あつもの)に似せて、小豆を用いた汁物の具材として、室町時代の日本の禅宗の寺院で作られた。

関連語[編集]

翻訳[編集]

諸言語への影響[編集]


中国語[編集]

発音[編集]

  • ピンイン: yánggēng
  • 注音符号: ㄧㄤˊ ㄍㄥ
  • 広東語
    • イェール式: yeung4gang1
    • 粤拼: joeng4gang1
  • 閩南語: iő-káng, io-kàng
  • 客家語: yòng-kâng, yô-kháng

名詞[編集]

  1. (まれ、古文)羊のあつもの
  2. (現代)和菓子の一種。

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

양갱

  1. (菓子)羊羹。