出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。切り分けた肉の一切れを象る。
肉-oracle.svg 肉-bronze.svg

肉-silk.svg 肉-slip.svg

肉-seal.svg

肉-bigseal.svg
甲骨文字 金文

簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. にく。しし

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

ニク、(古語)しし

  1. 動物皮膚に覆われた包む柔らかい組織
  2. 鳥獣類から切り取った食肉
  3. 1. 2. に類似する柔らかい部分果肉印肉などの
  4. 霊魂対比しての肉体
  5. 性的イメージ喚起させるものとしての肉体。
  6. 基本的骨組みに付け加えていく具体的内容

翻訳[編集]

造語成分[編集]

  1. ニク血縁に関連する語を作る。
  2. ニク本人による。手づからの。直接の。じかの。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. にく

熟語[編集]



朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


コード等[編集]

点字[編集]