良質

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

 (りょうしつ)

  1. 品質性質よいこと。
    • 守良君がその名の如く、沖縄の踊りの良質を守り遂げようとするならば、もつと男性の踊り手を養成してくれなければいけない。(折口信夫同胞沖縄の芸能の為に』)〔1950年〕

類義語[編集]

対義語[編集]

翻訳[編集]

形容動詞[編集]

 (りょうしつ)

  1. 品質性質よいさま。
    • ここでは、海の中へ、中へと掘りすすむほど良質な石油が量も沢山出るのが特徴なのだそうである。(宮本百合子石油の都バクーへ』)〔1952年〕

活用[編集]

良質-だ 形容動詞活用表日本語の活用
ダ活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
良質 だろ だっ

なら (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 良質だろう 未然形 +
過去・完了 良質だった 連用形 +
否定形 良質でない 連用形 + ない
自動詞化 良質になる 連用形 + なる
言い切り 良質だ 終止形のみ
名詞化 良質なこと 連体形 + こと
仮定条件 良質ならば 仮定形 +
様態 良質そうだ 語幹 + そうだ

翻訳[編集]