藍色

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

あいいろ、ランショク)

  1. で染めた濃いの七色のうち青との間の色とされる。これはアイザック・ニュートンが決めたものだが、本来、ニュートンが blueindigo と呼んだ色は、現代ではシアンと青に当たる[1]

訳語[編集]

参考文献[編集]

  1. Gary Waldman, Introduction to Light: The Physics of Light, Vision, and Color, 2002, p. 193 :
    A careful reading of Newton’s work indicates that the color he called indigo, we would normally call blue; his blue is then what we would name blue-green or cyan.