視野

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア視野 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

(しや)

  1. 見える範囲
    写真機のピントガラスに映った自然や、望遠鏡視野に現われた自然についても、時に意外発見をして驚くのは 何人にも珍しくない経験である。(寺田寅彦 『津田青楓君の画と南画の芸術的価値』)
  2. 人の理解力。特に観点を変えたものの見方。
    小学生の私が木橋の万代橋がこはされるのに悲しい思ひをしたなどとは滑稽千万な話であるが、この滑稽が今日農村の諸方にまだ頻りに行はれてはゐないか。広い視野をもつて自らを省れば、この滑稽にはすぐ気のつく性質のものであるのに、農村の視野にはベールがかゝつてゐるのである。(w:坂口安吾 『地方文化の確立について』)

発音[編集]

し↘や

類義語[編集]

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

시야

  1. (日本語に同じ)視野

中国語[編集]

名詞[編集]

  (簡): 视野 (ピンイン:shìyě 注音符号:ㄕˋ ㄧㄝˇ 閩南語:sī-iá)

  1. (日本語に同じ)視野