覚悟

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

觉悟 および 覺悟 も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

かくご

  1. 危険または不利結果予測し、心構えをすること。
    1. 制裁報復などを受けることについて、心の準備をすること。(間投詞的に、また命令形で)決闘や仇討などで、相手に斬りかかるときに発する言葉。
      • 「世迷い言は無用だ。いざ! 来い」「むッ、下郎覚悟ッ」(吉川英治『剣難女難』)
      • 与茂七は刀を脱いた。「お袖のためには義理の姉、お岩の讐(かたき)じゃ、覚悟せよ」(田中貢太郎『南北の東海道四谷怪談』)
  2. (仏教) 悟り開くこと。
  3. 諦めること。

発音[編集]

か↘くご
か↗く↘ご

動詞[編集]

活用

サ行変格活用
覚悟-する