出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。「觸」は、「角」+音符「」の会意形声。「蜀」は目を強調した毛虫・芋虫。毛虫が葉にぴったりくっつく様で、「角」がくっつく様。
觸-bronze-warring.svg

觸-seal.svg

觸-bigseal.svg
金文

小篆

流伝の古文字
戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. さわるふれる

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. ソク仏教 sort~そく触覚対象身根によって感じられる堅さ熱さ重さなど。六境および十二処のひとつ。触境そっきょう触処そくしょに同じ(ウィキペディア「三科」、「五位」も参照)。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]