評判

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

名詞・形容動詞[編集]

(ひょうばん)

  1. 評して是非善悪を判断すること、評定
    • 「あの時のわしの処置を知っているのはお前だけだ。面白かろう、徳島の城下へ行って評判するか」(吉川英治 『鳴門秘帖 鳴門の巻』)
  2. 世人が批評して言いふらすこと。うわさとりざた
    • 夫婦善哉は、何故か、評判がよくなかったが、大阪のああいう世界を描いた限り、私は傑作だと思った。(織田作之助 『東京文壇に与う』)
    • それを聞いて忠之は、利章等の諫書を讀んだ時よりも烈しく怒つて、山鹿の事を評判するものは見附次第討ち取れと命じた。(森鴎外 『栗山大膳』)
  3. 有名であること、噂の高いこと。
    • だから、如何に評判の絵でも、自分に興味のないものは一度きりで見ないで済むし、気に入った絵なら誰に気兼ねもなく何遍でも見て楽しむことが出来る。(寺田寅彦 『二科会展覧会雑感』)
    • そこにはお種というきれい評判な娘もいるという。(田山花袋 『田舎教師』)

中国語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア中国語版に 評判 の記事があります。

動詞[編集]

píngpàn 簡体字:评判

  1. 批評判定する。
  2. 審判する。

名詞[編集]

píngpàn 簡体字:评判

  1. 審判

派生語[編集]